本当にややこしいMicrosoft Office 2016をわかりやすく紹介するよ!Office 365とOffice 2016の導入形態の違いは何なのか?あなたの疑問を解決します!

Office を実際にオンライン購入した筆者が、購入手順などを実際の画像を交えて解説。 Officeを購入するために知っておきたい知識や注意点を分かりやすく紹介しています。

今までMicrosoft Officeを購入していた人にとって、Officeはパッケージ版で購入するのが当たり前でした。

しかし、最近Officeは、Office 365サブスクリプションの契約で一か月や年額でも契約して使うことが可能です。

とはいえOffice 365は月額1000円くらいで契約しており、パッケージ版のOfficeを数万円で購入したより安いような気がしますよね。

でもそれは間違った!

Office 365は月額、年間契約ですが、Office 365を安く契約しても毎月の料金がかかりますので、結局は損をしているんです。

この記事では、実際に筆者がオンラインでOffice を購入した理由や、格安価格でOffice を使う方法、またOffice の購入手順を画像を交えながら紹介していきます。

Office をオンラインで購入たい人は、「Office 2019を購入!」まで進んでください。

Office を購入することになった理由


Office 365ユーザーである筆者のOffice 365の月額料金は、毎月だいたい1,000円ほど。それが当たり前だと思っていました。

あるOfficeパッケージ版を利用している知人から、格安価格で購入したパッケージ版のOffice 2019はOffice 365とあまり変わらないことや、毎月の料金を払う必要ありませんという話を聞き、筆者は永続ライセンスの格安Officeを購入することを決意したのです。

格安Officeを使うには?インストール方法を解説


格安Officeを使うには、次のものが必要です。
  • マイクロソフトアカウント
  • プロタクトキー
  • ネット環境

ではOfficeをダウンロードしてインストール方法について簡単に説明します。

現在の最新バージョンのOffice 2019を例にして説明します。Office 2019をインストールするには、ネット環境元で、Microsoftアカウントに25文字のプロダクトキーを入力して紐づけます。そして、マイクロソフトアカウントから製品のインストールをクリックだけでインストールできます。

Office 2019のインストール方法を知りたい人は、「Office 2019 Pro Plus をダウンロードしてインストールする」まで進んでください。

Officeをオンラインで購入する方法


Office 2019 ダウンロード版は、永続ライセンスです。Microsoft の公式サイトからプロタクトキーを購入し、Office 2019 ファイルをネット経由でダウンロードしてPCにインストールします。

Office 2019 ダウンロード版で購入できる3つのプランは以下の通りです。

  • Office Personal 2019:32,184円
  • Office Home & Business 2019:37,584円
  • Office Professional 2019:64,584円

Office 2019 ダウンロード版の特徴は、2台のPCにインストールできます。別のパソコンへ移行できます。サポート終了まで追加料金が発生しません。

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

×

この広告は60日間更新がないwikiに表示されております。

管理人/副管理人のみ編集できます