本当にややこしいMicrosoft Office 2016をわかりやすく紹介するよ!Office 365とOffice 2016の導入形態の違いは何なのか?あなたの疑問を解決します!

Office の価格を知りたいなら、こちらの記事を参考!永続ライセンスのOffice 2019をはじめ、サブスクリプションのOffice 365までの価格情報をまとめています。特に、マイクロソフトOfficeを安く利用したい方は必見!

Office の価格は?

価格が高いマイクロソフトOffice。とりわけ、永続ライセンスのOffice では税別価格が6万円を超えるものも珍しくなくなりました。これでOffice購入に当たってしっかり検討すべきことが増えました。

そこで、この記事ではOfficeを購入するに当たって考慮に入れるべきポイントと、それを踏まえたおすすめ機種を4つご紹介します。

ポイント1:含まれるアプリ

マイクロソフトOfficeはWord、Excelなどのアプリをセットにしたもの。なので含まれるWord、Excelなどのアプリから価格が異なります。
Office Personal 2019
価格は、32,184円です。Excel 2019、Word 2019、Outlook 2019の3つのアプリを使える個人向けエディションです。PowerPoint は使えません。Excel、Word、Outlook を使うことが多い人ならOffice Personal 2019がおすすめです。
Office Home & Business 2019
価格は37,584円です。Excel 2019、Word 2019、PowerPoint 2019、Outlook 2019の4つのOfficeアプリを使える家庭向けおよび法人向けライセンスです。Windows PCだけでなくMacでも使えます。Windows PC、 Mac両方を使う方にお勧めです。
Office Professional 2019
価格は、64,584円です。Word 2019、Excel 2019、PowerPoint 2019、Outlook 2019、Publisher 2019、Access 2019を含めた家庭向けおよび法人向けライセンスです。Publisher 2019、Access 2019を使う方にお勧めです。

ポイント2:インストール台数

上記の紹介したOffice 2019の永続ライセンスは最大2台のPCでインストールできます。上記の紹介したOffice 2019の永続ライセンスは最大2台のPCでインストールできます。ですが、近頃のOffice 365 Soloは、マルチデバイスでインストールでき、同時利用台数は5台とインストール台数の改善・強化を進めてきました。
Office 365 Solo
Word、Excel、PowerPoint、Outlook 、Publisher、Accessを使えますがPublisher、AccessはWindows PC のみ使えます。Macなどで使えません。価格は、年間契約なら\12,744/年 (税込)。一か月の契約なら\1,274/月 (税込)。料金を払い続けないと使えなくなります。複数のPCを使っている方にお勧めです。

価格と購入方法

Office 2019は、永続ライセンスで一回払いです。Office 365 Soloは、サブスクリプション版で月額契約か年間契約が必要です。Office 2019は、3から6万円を払えば永久に使えますがOffice 365は1000円から契約して使い始めることができます。

Office 365は、使い続けると高いイメージがありますが、以下のようなメリットがあります。

  • • 複数の Windows PC または Mac、タブレット、スマートフォン (Windows、iOS、Android*) で使用できます。
  • • 1 TB の OneDrive オンライン ストレージと高度なセキュリティ
  • • Microsoft のエキスパートからチャットや電話で技術サポートを受けることができます。
  • • 無料Skypeを使える
  • • 常に最新バージョンのOfficeを使える。

特に、複数の Windows PC または Macで使えるのはOffice 365の大きなメリット。

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

×

この広告は60日間更新がないwikiに表示されております。

管理人/副管理人のみ編集できます