本当にややこしいMicrosoft Office 2016をわかりやすく紹介するよ!Office 365とOffice 2016の導入形態の違いは何なのか?あなたの疑問を解決します!

Office 2016は、Windows版とMac版の利用方法が統一され、Office365なら、1ライセンスで両方使える。Office 2016(パッケージ版)なら、Windows版とMac版のオフィスと区別されいる。

自分はMacBook Pro 2016を持っている。仕事にOfficeソフトが必要でOffice 2016をインストールことになりました。

最初はOffice365SOLOを導入するとメリットが多いなと思いましたが、Windows版のオフィスソフトは必要ないし、さらに、毎年1万円の料金を払うのは勿体無いから購入をやめました。

最後に、購入を決まったのは、Microsoft Office Home and Business 2016 for Macでした。この記事で、その理由をメリットとデメリット面で説明します。

安い価格で購入できました!

買い物する時やっぱり値段は気のなるですね!そして、多くの種類がある場合不互いに価格を比較するでしょう。私も、 Office2016 for Macの値段を比較してみました。

Office365SOLOとの比較

Office365SOLOは
利用期間に応じて料金を支払う、“サブスクリプション型”の製品であり、価格は、月額:¥1,274、年額:¥12,744となっています。
Microsoft Office Home and Business 2016 for Macは、
一度購入してしまえば追加でお金を支払うことなく使い続けられる、いわゆる“買い切り型”の製品で、価格は、¥ 12,050 です。

ということで、Office365SOLOの一年間の利用料金でMicrosoft Office Home and Business 2016 for Macを永久に使えるんです。

機能も十分でした!

仕事でWord、Excel、PowerPointがあれば十分ですが、Microsoft Office Home and Business 2016 for Macは、Outlook、OneNoteまで使えます。
さらに、2台まで使えます。Office365SOLOより機能は少ないが、自分の使う範囲なら十分です。

ダウンロード方法も簡単!

1.https://officesetup.getmicrosoftkey.com/にアクセスします。
2. 25文字のプロダクトキーを入力し、画面に表示される指示に従います。
3. Microsoft アカウントでサインインします。お持ちでない方は Microsoft アカウントを作成してください。
4. 「インストール」ボタンよりPCにソフトウエアをインストールします。

デメリットとは?

Office365SOLOは、常に最新のバージョンを利用できますが、永続ライセンスのOffice2016 for Macは次期のバージョンにアップできません。

しかし、これでも、10年間使えるでしょう。

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

×

この広告は60日間更新がないwikiに表示されております。

管理人/副管理人のみ編集できます