本当にややこしいMicrosoft Office 2016をわかりやすく紹介するよ!Office 365とOffice 2016の導入形態の違いは何なのか?あなたの疑問を解決します!

Office 2016を安くする方法の中で、一番安くする方法は格安価格でOffice 365を購入することです。

そもそもOffice 365 とは何でしょうか?

Office 2016を一番安く使う方法は何でしょうか?

このページでは、Office 365を通してOffice 2016を一番安く購入してインストールした方法を紹介していきますね。



Microsoft Officeには今現在3種類の製品があります


1.買い切り型(Office2016 POSA/ダウンロード版)

従来のパッケージ版と同じ買って使う製品です。製品を買えばサポートが終了まで使えます。メジャーバージョンアップは新規購入になります。

2.期間ライセンス製品(Office365)

購入すると一定期間の使用権を得られます。Office365だと1年ライセンスと1ヶ月ライセンスがあります。基本的にその時点での最新版Office製品が使えます。今現在はOffice2016を使えます。新しい製品が発売されたら最新版に更新できます。

3.プリインストール版(Office Premium)

パソコンにすでにインストールされている製品で、そのパソコンのみで常に最新バージョンを使える無期限ライセンスと、Office365サービス1年分が付いています。無期限ライセンスはPersonalとかHome and Businessとかいくつかのバリエーションがあります。また他のパソコンへ移動することはできません。

この3種類の製品の中でOffice 2016を一番安く使えるのは期間ライセンス製品(Office365)です。

どれがお得?価格情報は以下のページで比較しています。


Office 365 の プランを料金・価格で比較しました


Office 365 には、法人向けと家庭向けのお客さまの規模や必要な機能に合わせてさまざまな 料金・価格のプランをご用意しています。

個人向けOffice365 soloをはじめ個人・法人関係なく利用できるOffice 365 Businessも存在する。

この度、利用料金・価格を比較して、期間ライセンス製品(Office365ProPlus)を格安価格で購入しましたので、さっそくですが、利用できる機能を紹介致します。

私も利用しているOffice365ProPlusのお得な理由は、以下のページで価格を比較した結果を紹介しています。


どこから購入すれば一番お得の?


Office 365を直接マイクロソフトのページから購入もできるのですが、価格を調べたところ、現時点はe-soft.netからダウンロード購入するのが最も安く購入できるようです。

個人向けのOffice365 soloをMicrosoftから直接購入の場合は、12,744円です。

Amazonでの購入価格は【12,744円】(2%)OFF【11,581円】となっています。

私の購入したOffice365ProPlusは6100円となっています。しかも、2年ライセンスですよ。

購入するときは、値段の安さでちょっと不安があったんですが無事にインストールできました。

節約になった!と、皆さんに紹介しました。

そして、Office製品を安く手に入れたい方には、以下のオンラインショップをおすすめします!


最後に、Office365の導入に迷っている方に


Office365を購入すると、いつの時点でも最新版Officeを利用できます。

バージョンアップに気にしないなら、パッケージ版を3年以上使う方が安くなります。

でも、困るのは、取り引き相手からの文書ファイルが新しくなり、自分のOfficeで開けなくなるとか、自分のOfficeのサポートが終了し、セキュリティアップデートが無くなり、ウイルスに対して無防備になるとか、OSが新しくなって、旧バージョンはインストールできなくなるとか、そういうパターンです。そうなったら諦めて、バージョンアップしないといけないでしょう。

私は、最新版Officeを利用したいのうえ、毎月の料金を安くするためOffice365ProPlus 2年版を購入しました。

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

×

この広告は60日間更新がないwikiに表示されております。

管理人/副管理人のみ編集できます